音楽がカジノゲームを盛り上げる

人間の心は肉体と同様に、ほぼ完璧でありながら多くの弱みも抱えた驚異的な芸術作品です。数多くの心理学者が長年にわたってこの分野を研究しており、現在も研究は続いています。そして、音楽が人の心に影響を与えることは周知の事実です。

カジノでギャンブルをしたことがあるかは分かりませんが、誰もが人生の中で、間違いなく数え切れないほど音楽を聴いてきたはずです。お祝いの時、弔いの時、嬉しかった時、悲しかった時に音楽を聴き、時には逆巻く嵐のような感情を引き起こすこともあったでしょう。それは決して恥ずかしいことではありません。実際、音楽が人の心に与える影響を学ぶのは悪いことではなく、面白いし役に立つこともあります。この記事では、世界中のカジノで使われている音楽による心理トリックをご紹介しましょう。

まず、カジノで流れる音楽のジャンルは、通常そのカジノを訪れる客や、カジノの立地、その他いくつかの要素をもとに決められています。ブルース、エレクトロニック、ロック、ジャズ、ポップスなど様々なものがありますが、各ジャンルの曲にある2つのタイプが今回の記事の重要なポイントになります。

スローテンポの曲

カジノに行くと毎回負けるというわけではありませんが、「カジノには勝てない」というフレーズは、この上ないほど的を射ています。これがなぜ重要なのでしょう?カジノがゆっくりとしたリラックスできる音楽を流すと、プレイヤーは集中力が高まり、自信を持って大金を賭けてしまいがちになります。その結果、カジノが勝者となるのです。またカジノは通常、鮮やかな色彩や喧噪、そして興奮した雰囲気で満たされているため、ゆっくりとした音楽がかかっているとリラックスできるのです。

 アップテンポの曲

スローな曲が効果的なら、なぜ速いテンポの曲を流す必要があるのでしょう?答えはシンプルです。スローな曲もアップテンポな曲も、カジノの収益に繋がるからです。激しい音楽はアドレナリンを分泌させます。勝てばさらに気分が高揚し、祝福の音楽を聴けばまた賭けたくなるので、カジノ側にとって完全に有利になるのです。

次回カジノに行く時は、ぜひBGMを意識してみてください。ゲームに勝つことに集中しているので難しいかもしれませんが、騙されたと思ってやってみましょう。とても穏やかなBGMが流れていたら、カジノがプレイヤーの集中力を促し、より多くのお金を使ってもらいたいと考えていることが分かるでしょう。当然ながら、この知識をどう活かすかは、皆さん次第です。